障害者手帳が家を借りる手助けに!?~家を買う以外の選択肢を紹介~

家計・ライフプラン
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!障害者ファイナンシャルプランナーの山口真未です。

まみ
まみ

記事のポイント

家を買う、という一大決心。

全ての人がする決意、とは言えませんよね。

前回まで、家を買うための心構えや住宅ローンのアレコレを紹介しました。

しかし、住宅ローンを組むのが不安、転勤があるし一軒家は困る、という方もいらっしゃいますよね。

また色々なところに、旅するように移動する生活がいい!という人も。

実は障害者手帳が、家を借りるための手助けになります!

今回は、住宅のなかでも「家を借りる」となる賃貸の制度を紹介しますね。

「家は買うことが全て」ではない!!

家といえば、必ず買うもの、というわけではないですよね。

マンションでも一軒家でも、「家を借りる」という選択肢だってあります。

家を借りることも、1つのライフスタイルとして大切にしたい、という方も。

また家を買うことが金銭的に難しい、という方もいますよね。

障害者FPとしては、当然ですが無理に家を買うことはオススメできません

一昔前までは、家を買うことが1つのステータス、となっていましたが・・・。

今は「家は買わない」ということも、十分にあり得る選択肢。

生活のスタイルや未来の計画など、周りの誰か、ではなく「自分に合っているスタイル」で決めたいですよね。

※ただし1つだけ。私自身も1人の障害者として、こちらのブログだけお読みいただけると嬉しいです。

障害者手帳の活用で、家が借りられるの!?

購入はしない、という選択をされた障害者の方へ。

1つ耳寄りな情報を提供します!

実は、障害者手帳が「部屋を借りる手助け」になります!

全ての方ではありませんが、手帳の等級や収入次第で、バリアフリー仕様の部屋を借りられることが。

その部屋とは、「公営住宅」「UR賃貸住宅」です!

詳し条件を下で、紹介しますね。

公営住宅の場合

そもそも公営住宅とは、都営・区営、県営・市営など、それぞれの自治体が運営している住宅のこと。

地域によって運営する組織が違います(例:県が運営、市が運営)が、「公営住宅法」という法律に基づいています。

基本的には、「住宅に困窮する低所得の方を対象にした制度」です。

そのため入居には、一定の条件があります。

公営住宅の入居条件(一例)
  • 申込者が20歳以上のかた
  • 入居予定者全員の合計年間所得が基準内であること
  • 住宅に困っていること
  • 入居予定者の中に暴力団員がいないこと

主に、これらの条件をクリアできる人が、公営住宅に入ることができます。

地域によっては、抽選倍率が高くてなかなか入れないこともありますが・・・。

障害者手帳を持っている方の場合は、優先的に入ることができる年間所得の金額条件が優遇される、ことがあります!

ただ残念ながら、障害者手帳の等級しだい、が多いよう。

例えば、身体障害者手帳で1級や2級の人は抽選倍率が高くなる、優先の対象は4級以上など。

この条件は自治体によって異なるので、詳しい応募条件は住んでいる地域で確認してみてくださいね。

また車イス仕様者向けの公営住宅として、バリアフリーになっている部屋もあります。

こちらも全ての公営住宅で完備、とはなりませんが、一般の賃貸住宅を探すよりは確率が高くなりますよ。

UR賃貸の場合

UR賃貸住宅、と聞いたことがありますか?

最近はチラシやCMなどでも見かけますので、一度くらいは聞いたことがある、という方も多いですよね。

そもそもUR賃貸住宅とは、独立行政法人の都市再生機構が管理する賃貸住宅のこと。

UR賃貸住宅の主な特徴
  • 敷金や礼金、仲介手数料、更新料が必要なし
  • お得な家賃プランが多い(近居割・そのママ割 etc)
  • 便利な制度として、賃貸でもペットと暮らせたり、カーシェアリングが利用できることも

特にお金の面でいえば、敷金や礼金、仲介手数料、更新料がなしという点は嬉しいポイント!

部屋を借りるとなれば、これらの費用はほとんどの場合で必要となるもの。

少しでも抑えることができるなら、利用したいです。

しかも都心以外に、北は北海道から九州まで物件があるので、色々なところに住みたい、という方にもオススメできますね。

また公営住宅とは異なり、収入の低さは条件なし!(反面、一定の収入があることが求められます)

そんなUR賃貸住宅ですが、一部では「高齢者等向け特別設備改善住宅」という設備が使いやすくなっている部屋があります

名前は「高齢者等」となっていますが、主な申し込み条件にはしっかりと障害者の方も含まれています。

ただし身体障害者手帳の1~4級の方、などと一定の条件はあります。

また全ての物件ではないのも、注意点ですね。

とはいえ一般的な賃貸住宅では、バリアフリーになっている物件を探すことは、なかなか難しいこと。

賃貸住宅の1つの選択肢として、いかがでしょうか。

参考

UR都市機構のホームページ(https://www.ur-net.go.jp

自治体によっては家探しの手伝いもあり

実は自治体によっては、障害者の方のために家探しを手伝ってくれることもあります。

一般の賃貸住宅も含めて、要望等を伝えると探してくれるサービスです。

いわゆる不動産屋さんと同じイメージですが、個人個人の状況に応じて、住んでいる自治体のサービスも併せて案内をしてくれることも。

このサービスは、障害者であることで受けられることも多いため、障害者手帳の等級を気にしなくてもいいのが嬉しい所!

家探しで不動産屋さんは行きづらい、という場合は活用してみてくださいね!

まとめ

住宅=買うこと、という概念が、一昔前のものとなりつつもある時代。

家を買うことに、特別こだわりはないけどバリアフリー設備が欲しい、も本音ですよね。

また全ての方が、フル装備の注文住宅を全ての方が用意できる、とは限らないのも事実。

そんな時は、障害者手帳を活用してお得に、または便利に家を借りる、という選択肢もあります!

ぜひライフスタイルや未来の計画を考えながら、選んでくださいね。

ファイナンシャルプランナー 山口 真未

コメント

タイトルとURLをコピーしました